2014年11月08日

第44回 日本テキーラ協会会長・林生馬さんの「九州はテキーラの聖地になれるか」のお話

いらっしゃいませ。
テキーラというとどんなイメージをお持ちですか。「テキーラを飲み干して」(中島みゆき)なんて歌もありますように、やはり「強い酒」「ショットグラスで一気飲み」というところでしょうか。
「いやいや、そうではないんですよ」と優しげに語るのは、本日のお客さま、日本テキーラ協会会長の林生馬さん。ハリウッドで映画製作に関わっていた20代の頃に出会ったテキーラに衝撃を受けて協会を設立、テキーラの魅力を伝える伝道師です。
熊本へは「テキーラマエストロ」を養成するセミナー開講のため訪れたそうで、おや、当店のマスターと常連の方も受講したようですね。
疲れた頭をテキーラカクテルでいやしながら、テキーラ談義に花が咲いているようです。

いつもと同じようにお聴きになりたい方は
こちらをクリック。音声ファイルが開きます(約19分)





林生馬さん写真2.jpg

日本テキーラ協会のサイトはこちら


ラベル:テキーラ 林生馬
posted by 謎の紳士 at 14:00| ようこそ熊本へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする